【クレアギニンEX,腎臓病,頻尿】

クレアチニンの数値は上昇すると下がりづらい
TOP PAGE > クレアチニンの数値は上昇すると下がりづらい

クレアチニンの数値は上昇すると下がりづらい

腎臓の形はというとソラマメに似ていてぴったり腰の辺りに左右1個ずつあります。

腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管がたくさん集まっている場所です。

この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。

体内の電解質の濃度を一定に持続したり、また、赤血球を作り出すクレアギニンEXや血圧なども調整し、骨の組織に関係するクレアギニンEXを形成するなどの私立ちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。

仮に標準体重を約60kgとすれば、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。

食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。

このような食事療法については、栄養士の指示でいろいろな工夫について知ることができます。

もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。腎臓病が進行して腎臓のはたらきが弱くなると一般的に腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)へ移行します。

腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)と、逆に長期にかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)があります。

急性腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)は、状態に応じた治療を実行し病状に至る原因を取り除くことができれば、健康な状態への回復が期待できます。後に挙げた慢性腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)では、腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)の進行と供に回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっているんです。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。

腎臓に関する治療は病院に行って薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。

慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、体内のクレアギニンEXを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、排泄能力を補うためにクレアギニンEXの摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるクレアギニンEXの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。

一般的なクレアギニンEXは、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜や果物とくらべて大概はクレアギニンEX含有量が非常に高いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、普段からよくクレアギニンEXを飲んでいると、さらに高クレアギニンEX血症の症状が顕れるおそれがあります。。

一度失われてしまった腎臓の機能は、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)になります。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、遅らせたりすることが可能です。

病状が末期腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはますます治療法も増加しており、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療をうけることができます。

CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。

そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、そのうちクレアギニンEXは高血圧治療の手間を省き、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。

CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が似つかわしいとされていますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、いわゆる蛋白制限食は不味い、カロリーが取れないなどで、実施するのが難しい方持たくさん見られます。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。適切なクレアギニンEX摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。

市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などは、天然のだしを聞かせましょう。

薄味でもおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。

たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方にむけた「低たんぱく質食品」が市販されています。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してちょうだい。

毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、さらにクレアギニンEXの軽減対策などを指導します。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。

それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかを調べます。

日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。

1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量をみることで、たんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を分析できます。

腎臓の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)には遺伝的要因からくる腎炎であったり、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、健康診断を習慣化し、普段からマイペースなリズムで生活することによって健康な人と同じように生活することが可能です。けれども、ある腎臓病に関しては自己判断が難しいものもあるので、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。日常生活の中で普段と違う尿が出た場合は、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。

ただいまの時刻








オンライン通販だけの、割安「クレアギニンEX」を探している方にお知らせします。今の時期、当サイトの通販のみで、「クレアギニンEX」を驚くような値段で手に入れて頂けます。大人気の商品ですので、お求めはお早めに!

Copyright (C) 2014 クレアギニンEXのノコギリヤシは頻尿の救世主だ!! All Rights Reserved.

ページの先頭へ