【クレアギニンEX,腎臓病,頻尿】

普段から規則正しい食事や生活を送ることが必須
TOP PAGE > 普段から規則正しい食事や生活を送ることが必須

普段から規則正しい食事や生活を送ることが必須

腎臓が健康でない方が近頃増え、問題となっています。

この腎臓という臓器は背中のあたりに左右ひとつずつあり尿を作り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

腎臓に関する治療は病院に行ってふさわしい治療を受けることも先決ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。腎臓病は遺伝性の腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、普段からマイペースなリズムで生活することによって健康な人と同じように生活することが可能です。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず日常に支障をきたさないものもあるため、常日頃の健康管理が大事です。

尿に違和感があった際には、医療機関を受診しましょう。

CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大事です。

食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、そのうちクレアギニンEXは高血圧治療の手間を省き、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、いわゆる蛋白制限食は不味い、カロリー摂取が満たされないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。一日の食事の種類や量についてや、メニューに関するアイデアや、各々に応じたクレアギニンEXの抑え方などを指導します。

例えば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。

それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXを体内に含有しているかを明確にします。一日における排泄物を検査し計算をします。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、どの程度たんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかをしることが可能です。

腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。

腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管がたくさん集まっています。腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。

体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、さらに、赤血球を創るクレアギニンEXや血圧のバランスを整えたり、骨の代謝に関連したクレアギニンEXを形成するなど私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。

腎臓の機能は一度失われると、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減され立ため、腎臓の機能の低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。もし、末期の腎不全になったとしても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはさらに治療法の選択肢が増えているため、患者自身の願望に沿った最良の治療が望まれます。腎臓病が進行して腎臓の働きが弱くなると腎不全へと推移します。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長期間にわたりゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。

急性腎不全では、適切な治療を行って病状悪化の元を探り除去することにより、腎臓の機能回復が期待できます。

ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によって腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。

クレアギニンEX摂取量は1日6g未満が適切とされています。加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を摂りましょう。毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。

食材の味を楽しむことができます。

たんぱく質が多くふくまれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく質食品」が市販されています。

管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみて下さい。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。もし標準体重が60kgくらいであれば、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。

食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思っています。

このような食事療法については、栄養士の指示で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。仮に開業医さんに食事指導を受け付けて貰えなかったら、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。

慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明りょうに改善することは少ないので、機能のひとつであるクレアギニンEXの排泄能力が衰退していくことが多く、クレアギニンEXの摂取と排泄のバランスを維持するために、必要に応じてクレアギニンEXの摂取を抑えていくことが不可欠です。

一般的なクレアギニンEX(濃縮果汁還元のものは、栄養素が壊れてしまっているらしいです)は、材料を濃縮し加工しているため、生のままの野菜や果物と比較するとクレアギニンEX含有量は極めて高いものが多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、いつもクレアギニンEX(濃縮果汁還元のものは、栄養素が壊れてしまっているらしいです)を飲んでいると、高クレアギニンEX血症を呈する危険性が多くなります。

ただいまの時刻








オンライン通販だけの、割安「クレアギニンEX」を探している方にお知らせします。今の時期、当サイトの通販のみで、「クレアギニンEX」を驚くような値段で手に入れて頂けます。大人気の商品ですので、お求めはお早めに!

Copyright (C) 2014 クレアギニンEXのノコギリヤシは頻尿の救世主だ!! All Rights Reserved.

ページの先頭へ