【クレアギニンEX,腎臓病,頻尿】

腎臓は血中の不要物を尿とともに排出することです
TOP PAGE > 腎臓は血中の不要物を尿とともに排出することです

腎臓は血中の不要物を尿とともに排出することです

私たちの腎臓はソラマメに似た形をしておりどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。

糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれがあまた密集している場所でもあります。腎臓におけるメインのはたらきは、たんぱく質の代謝によって発生した血中のいらなくなったものを尿と供に排泄します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、または、赤血球を作るクレアギニンEXや血圧のバランスをキープしたり、骨の代謝に関連したクレアギニンEXを形成するなどたいへん重要な役目を司っています。

CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、クレアギニンEXについては、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。

CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、これは日本人(最近では海外で活躍する方も増えていますね)の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、いわゆる蛋白制限食は不味い、カロリー摂取が満たされないなどで、実施するのが難しい方持たくさん見られます。

クレアギニンEXを制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。

適切なクレアギニンEX摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。

加工品や塩分多めの食品よりも、できるだけ生の食品を摂りましょう。

天然のだしは料理の味付けに最適です。

慣れてくると、薄味でもおいしく食べる事が出来ます。たんぱく質が多く含まれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限が必要な方に適した食品として「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談してちょーだい。近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題となっているのです。

尿を作る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の安定を維持したり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。

腎臓に関する治療は病院に行って薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。

慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明瞭に改善することは少ないので、だんだんとクレアギニンEXの排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したクレアギニンEXの量と尿へ排出されるクレアギニンEXの量を調整しなければならず、クレアギニンEXの摂取量を確認し軽減する必要があります。クレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮した状態になっていますので、生の野菜や生の果物と違って大概はクレアギニンEX含有量が非常に高いです。

もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、クレアギニンEXを常時摂取している場合にはさらに危険性のある高クレアギニンEX血症に陥る可能性が出てきます。

たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。

標準体重を約60kgと仮定すると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表で確認できます。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。

もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介して貰い、専門的な意見をもらってもよいでしょう。

腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると腎不全といわれる状態になります。そのうち、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、逆に長期にかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。

急性腎不全の場合は、病状に似つかわしい治療と腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、健康な状態への回復が期待できます。

後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と供にゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、会社や個人などで定期的に健康診断を受診し、普段からマイペースなリズムで生活することによっていつもと変わらない健やかな生活を送る事が出来ます。

けれども、ある腎臓病に関しては無自覚なものもあるために、常に油断しないようにすることです。

日常生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。健康な腎臓機能でなくなると、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。

近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減されたため、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。

末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかさらに治療法の選択肢が増えているため、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療をうける事が出来ます。

一日の食事の種類や量についてや、どのようにして献立を考えたらよいか、あるいはクレアギニンEXの抑え方などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。

具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を確かめます。

1日24時間の蓄尿の検査から計算します。

1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、どの程度たんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかを知る事が可能です。

ただいまの時刻








オンライン通販だけの、割安「クレアギニンEX」を探している方にお知らせします。今の時期、当サイトの通販のみで、「クレアギニンEX」を驚くような値段で手に入れて頂けます。大人気の商品ですので、お求めはお早めに!

Copyright (C) 2014 クレアギニンEXのノコギリヤシは頻尿の救世主だ!! All Rights Reserved.

ページの先頭へ