【クレアギニンEX,腎臓病,頻尿】

私たちの腎臓は非常に大切な臓器です
TOP PAGE > 私たちの腎臓は非常に大切な臓器です

私たちの腎臓は非常に大切な臓器です

私たちの腎臓はソラマメに似た形をしておりどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管があまた密集している場所でもあります。

この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。

その他、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保つ、赤血球を創るクレアギニンEXや血圧調整、骨組織に必要なクレアギニンEXを創り出すなどの重要な役割を担っています。

多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、徐々にクレアギニンEX排泄能力が低下していくことが多く、体内へのクレアギニンEX摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、クレアギニンEX摂取を減らす必要があります。

野菜や果物のエキスを凝縮したクレアギニンEXは、生野菜や素のままの果物にくらべてクレアギニンEX含有量は極めて高いものが多いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、普段からよくクレアギニンEXを飲んでいると、高クレアギニンEX血症を発症する危険が高まります。

理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。

60kg前後を標準体重とすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要です。

食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思っております。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する具体的に応用した食事を創ることも可能です。

開業医さんで食事指導が難しい場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思っております。腎臓病が徐々に進展してくると次は腎不全といわれている状態になります。病状が急速に悪化する急性腎不全と、逆に長期にかけて徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って病状悪化の元を探り除去することにより、腎臓の機能回復が期待できます。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と共に徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。

腎臓の機能は一度失われると、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、遅らせたりすることが可能です。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身の願望に沿った最良の治療が望まれます。一日の食事の種類や量についてや、メニューに関するアイデアや、あるいはクレアギニンEXの抑え方などを指導します。

主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それに必要な紹介や説明もしていきます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXを摂取しているかをチェックします。

日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。

尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分をしらべることによって、体内へのたんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を理解することが出来ます。

腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。

適切なクレアギニンEX摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。

加工品や塩蔵品をさけて、できるだけ生の食品を摂りましょう。

天然のだしは料理の味付けに最適です。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることが出来ます。たんぱく質が多くふくまれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品(豆乳の独特の風味が苦手という方も少なくありませんが、最近は飲みやすく工夫された豆乳がたくさん売られています)・乳製品があります。

たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に市販やインターネット通販の「低タンパク質食品」も選択できます。まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談してちょうだい。

CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。

食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、クレアギニンEXは高血圧治療を容易にして、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施するのが難しい方もたくさん見られます。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっているのです。背中に二つ存在する腎臓で尿がつくられ機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。

腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、会社や個人などで定期的に健康診断を受診し、病気と無縁の生活状態を意識することで気力・体力に満ちた日々を過ごせるだと言えます。ところが、腎臓病の中にはおもったより進行するまで日常に支障をきたさないものもありますので、常日頃の健康管理が大事です。

いつもの暮らしの中で普段とちがう尿が出た場合は、ただちに病院で診察を受けましょう。

ただいまの時刻








オンライン通販だけの、割安「クレアギニンEX」を探している方にお知らせします。今の時期、当サイトの通販のみで、「クレアギニンEX」を驚くような値段で手に入れて頂けます。大人気の商品ですので、お求めはお早めに!

Copyright (C) 2014 クレアギニンEXのノコギリヤシは頻尿の救世主だ!! All Rights Reserved.

ページの先頭へ