【クレアギニンEX,腎臓病,頻尿】

たんぱく質を減らしてクレアギニンEXを摂取すること
TOP PAGE > たんぱく質を減らしてクレアギニンEXを摂取すること

たんぱく質を減らしてクレアギニンEXを摂取すること

理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。60kg前後を標準体重とすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する多彩な工夫についてしることができます。

仮に開業医さんに食事指導を受け付けて貰えなかったら、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介して貰い、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。

健康な腎臓機能でなくなると、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅延も見込めます。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、これまでの透析療法や移植とは別にいくつもの選択肢が用意してあるので、個々の状態と環境にマッチした治療を選ぶことが期待できます。腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰の辺りに左右1個ずつあります。

さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管が無数に存在するのです。

腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血中のいらなくなったものを尿といっしょに排泄します。

その他にも、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保ったり、または、赤血球を作るクレアギニンEXや血圧のバランスをキープしたり、骨の代謝に関連したクレアギニンEXを形成するなどたいへん重要な役目を司っています。

クレアギニンEXを制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。

クレアギニンEX摂取量は1日6g未満が適切とされています。

加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を摂りましょう。

料理には天然のだしで味付けしてみましょう。薄味でもおいしく食べることができます。

たんぱく質が多くふくまれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてちょーだい。腎臓病が徐々に進展してくると一般的に腎不全へ移行します。その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、長い年月をかけてじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。

急性腎不全では、適切な治療を行って病状悪化の元を探り除去することにより、腎臓の機能回復が期待できます。

反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によって徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。

慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、機能の一つであるクレアギニンEXの排泄能力が衰退していくことが多く、クレアギニンEXの摂取と排泄のバランスを維持するために、クレアギニンEXの摂取量を確認し軽減する必要があるでしょう。

濃縮加工したクレアギニンEXは、加工していない生の野菜や果物よりも大概はクレアギニンEX含有量が非常に高いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、クレアギニンEXを常時摂取している場合には高クレアギニンEX血症に罹患するリスクが高まります。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、定期的に健康診断を受け早期に発見し、普段からマイペースなリズムで生活することによって心身いっしょに活力溢れた毎日を過ごすことができます。けれども、ある腎臓病に関しては自己判断がむつかしいものもあるので、常日頃の健康管理が大切です。

日常生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、すぐに医師(不足気味だといわれて久しいですね。選択の余地もないような地域も少なくありません)へ相談しましょう。

薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。

食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、クレアギニンEXは高血圧治療を容易にして、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。

CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この量は日本人(海外でのイメージは、メガネ、カメラ、お辞儀でしょうか)の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は美味しくない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実行に移せない方がたくさんいます。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を造り体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質の調整を行ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体のために重要な役割を担っています。

当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大切です。

日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、メニューに関するアイデアや、各々に応じたクレアギニンEXの抑え方などを指導します。

治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXを体内に取り入れているかをチェックします。

1日24時間の蓄尿の検査から計算します。

日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、どの程度たんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかをしることが可能です。

ただいまの時刻








オンライン通販だけの、割安「クレアギニンEX」を探している方にお知らせします。今の時期、当サイトの通販のみで、「クレアギニンEX」を驚くような値段で手に入れて頂けます。大人気の商品ですので、お求めはお早めに!

Copyright (C) 2014 クレアギニンEXのノコギリヤシは頻尿の救世主だ!! All Rights Reserved.

ページの先頭へ