【クレアギニンEX,腎臓病,頻尿】

クレアチニンを下げるにはクレアギニンEXが必要!
TOP PAGE > クレアチニンを下げるにはクレアギニンEXが必要!

クレアチニンを下げるにはクレアギニンEXが必要!

一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、健康診断を習慣化し、万が一罹患した際にも治療と症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を悪化させない生活を心がけることでいつもと変わらない健やかな生活を送ることが出来るのです。ところが、腎臓病の中にはすごく進行するまで無自覚なものもあるために、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。

判断材料として尿の状態があるので場合によっては、すぐに医師へ相談しましょう。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大切です。一日に6g未満が、クレアギニンEX摂取量としては適切とされています。

加工された食品や塩分の多い食品はさけて、なるべく生の食品を選びましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をお薦めします。食材の味を楽し向ことが出来るのです。たんぱく質が多く含まれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。

管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみて下さい。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になるでしょう。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、未然に腎臓の機能低下を防いだり、なるべく現状を保つことも期待できます。治療法も多様化してき立ため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはさらに治療法の選択肢が増えているため、個々の状態と環境にマッチした治療を受けることが出来るのです。

薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、前向きにこれらの管理を行なうことでCKDの悪化を抑制できます。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、そのうちクレアギニンEXは高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。

CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、栄養が足りないなどという意見で、実施するのが難しい方持たくさん見られます。一日の食事の種類や量についてや、食事のメニューはどのようにしたらよいか、あるいはクレアギニンEXの抑え方などを指導します。

治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となるでしょうので、それに必要な紹介や説明もしていきます。実際に患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)さんがどの程度のたんぱく質やクレアギニンEXを体内に取り入れているかをチェックします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、どの程度たんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかを知ることが可能です。

腎臓病が次第に進展してくると一般的に腎不全へ移行します。そのうち、急速に腎臓機能が低下する急性腎不全と、長い期間を経てじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。急性腎不全においては、的確な治療と腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎機能の回復が見込めます。反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によってゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっているのです。背中に二つ存在する腎臓で尿がつくられ体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて相応の対処も必要ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしておりぴったり腰の辺りに左右1個ずつあります。

腎臓は糸球体という小さな血管が数多く集まっています。

腎臓におけるメインのはたらきは、たんぱく質の代謝によって発生した血液の中のいらないもの、老廃物や毒素(一般的には、食品添加物やヒ素、鉛などの有害なミネラルを指すことが多いでしょう)といったものを尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、また、赤血球をつくり出すクレアギニンEXや血圧なども調整し、骨の成長段階に必要なクレアギニンEXをつくり出すなどの私立ちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、次第にクレアギニンEX排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したクレアギニンEXの量と尿へ排出されるクレアギニンEXの量を調整しなければならず、これまで摂っていたクレアギニンEXの量を減らす必要が出てきます。

市販のクレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮したものなので、生の野菜や果物とくらべてそのものに含まれたクレアギニンEXの量が圧倒的に多いです。もし、腎機能にハンデを負った患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)さんが、常日頃からクレアギニンEXを好んで摂っていると、高クレアギニンEX血症に罹患するリスクが高まります。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。

標準体重が60 Kg前後程度だとすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となるでしょう。

それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で捜してみて参考にするとよいでしょう。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で具体的に応用した食事を創ることも可能です。

仮に開業医さんに食事指導を受け付けてもらえなかったら、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。

ただいまの時刻








オンライン通販だけの、割安「クレアギニンEX」を探している方にお知らせします。今の時期、当サイトの通販のみで、「クレアギニンEX」を驚くような値段で手に入れて頂けます。大人気の商品ですので、お求めはお早めに!

Copyright (C) 2014 クレアギニンEXのノコギリヤシは頻尿の救世主だ!! All Rights Reserved.

ページの先頭へ